【8100ページ表紙へ】

8100/80のアクセラレーターについて


(※後日注 この情報はすでにかなり古くなっていますので、必ず最新の情報をご確認ください)


第一世代PowerMac共通の製品として、いくつかのアクセラレーターがアナウンスされてきましたが、日の目を見ず消えていったものも多いです。現在はほぼこの2社に絞られています。


Sonnet Crescendo

MicroMacとともにアクセラレーターでお馴染みのSonnet TechがNuBUS PowerMac用のアップグレードカードを開発しました。604/604e搭載のCrescendoと、G3搭載のCrescendo G3です。

Crescendoは、604搭載の6100用($399)と、604e搭載の6100〜8100用($699)があります。これらはバスクロックに応じてクロックが変わるのがミソのようで、例えば6100用の場合、6100/60では120MHzに、6100/66avでは132MHzになります。6100〜8100用の604e版の場合はそれぞれのマシンのバスクロックに応じて200〜233MHzになるようです。またこれら用に、1MBの2次キャッシュも発売されるとのこと($149)。

Crescendo G3は、6100〜8100に対応し、やはりバスクロックに応じて設定が変わり、240〜266MHzで動作します。クロック比2:1で動作する512KBのバックサイドキャッシュを搭載しています。ボード上にはディップスイッチ等は一切無く、また機能拡張・コントロールパネルも必要なく、インストールするだけで自動的に最適化されるようです。pass-throughのPDSスロットを備えており6100ではそのままAVカードを取り付け、7100/8100ではアダプタを用いることによりAVカード等と併用可能です。
ただし6100ではバグ?の為AVカードに対応できてなく(間もなく対応するらしい)、7100/8100用のアダプタもほとんど流通しておらず運良く入手できた方もトラブったりしています。

どちらも対策されるとのことなのですが、購入される際には充分に検討してください。

Web版 Mac買い物情報Outlet&JunkProcessorMania等を見ると秋葉原などでの販売情報が掴みやすいです。Sonnet製品は五州貿易秋葉原エレクトリックパーツが強いようですね。ちなみに名古屋でもグッドウィルでCrescendo G3を見かけました。興味のある方は問い合わせてみてください。

Sonnet Technologies
http://www.sonnettech.com/



Newer MAXPowr G3

PCI MacやPowerBookのアップグレードでお馴染みのNewer TechnologyがNuBUS PowerMac用のG3アップグレードを開発しました。こちらもSonnetと同様601 PDSに装着するタイプです。エントリーレベル用の210MHzのものとハイパフォーマンスな240MHzのものがあります。6100用と7100,8100用とは別形態です。以下の通り。

MAXpowr G3 PDS 210/105/512k for 6100
MAXpowr G3 PDS 240/160/1MB for 6100
MAXpowr G3 PDS 210/105/512k for 7100/8100
MAXpowr G3 PDS 240/160/1MB for 7100/8100

いずれも、SonnetのCrescendo G3と同様、バスクロックに合わせて自動でクロックが決まります(機能拡張ファイルを一つインストールすることが必要)。このため、マシンにより多少の差が出ます。(例えば210MHz版では、bus30MHz->210MHz、bus40MHz->220MHzなど)
MAXpowr G3 PDSもpass-throughのPDSスロットを持っておりAVカード等の併用が可能です。

7100/66に210MHz版を搭載したベータテスト記事がMacWEEK USAに掲載されています(こちらをご覧ください。日本語のこちらもどうぞ)。

あと、日経Macホームページでも実記テストが行われました。こちらの記事をご参照ください。
  G3カード第2陣実機テスト: http://www.nikkeimac.com/hotnews/9803/g3card.hts


6100用では、AVカード用アダプタに付いている補助基板(増設カード取り付け位置に合わせて601PDSの方向を90度変える役目)と同じ形に作られており、この補助基板と取り替えてAVカード用アダプタに取り付けることで、AVカードとの併用を可能にしています。ただし、ヒートシンクの出っ張り分がROM SIMMスロットの位置にまで達するため、CacheスロットにROM SIMMを移設することが必要です。(L2 Cacheを使用している場合は外すことになります)

7100/8100用では、ユニークな構造のアダプタを用いることでAVカードやVCとの併用を可能にしています。MAXpowr G3 PDSのpass-throughスロットを、FlexCircuitという一種のリボンケーブルを介して延長し、アダプタを用いてNuBUSスロットに逆向きに取り付けたAVカードと接続するのです。(アダプタに付いているNuBUSコネクタはダミーコネクタで、単に固定するだけです)
このためNuBUSスロットが少なくとも一つ無駄になります。また、DeskStudioなどのDTV用ボードを使用している場合、取り付け位置の都合上DAVスロットからのケーブルの長さが足らなくなる恐れがあります。MAXpowr G3 PDSとの互換性自体を含め、ベンダーに問い合わせてください。(なお、このAVカード用アダプタの付属していない廉価版も販売されています。AVカードを使っていない方はこちらを選んでも良いでしょう。またWorkgroup Server 9150の場合はそもそもこの方式でのAVカードの併用は不可能ですので、最初からアダプター無しのものを買ってくださいね。)


6100用は最近になってやっと出回りだしましたが、今のところあまり大きなトラブルの情報は聞いておりません。これに対して7100/8100用の方は特にAVカードとアダプターの絡みでトラブルが数多く報告されています。当初発売されたアダプターは、S端子コネクタがブラケットに半田付けされているタイプのAVカード(日本国内で出回ったのはほとんどこれ)に対応していませんでした。また、その後出回った半田付けAVカード対応品でも、モニターポートを延長するリボンケーブルとアダプタの金属部分とでショートする不具合が報告されています。しっかり情報を集めて確実に対処する事が必要です。

それとは別に、初期型8100/80にまつわるトラブルも散見しています。(これはNewerもドキュメント内で触れているのですが...)
どうも最初期型の8100/80のROMには不具合があるらしく、MAXpowr G3 PDSとAVカードを併用するとフリーズが頻発したり、最悪の場合にはHDDのクラッシュを引き起こすようです。このような場合の対処法として、件のドキュメントでは、「HDDを全てSCSI Bus 1に繋ぎ直す」「これでダメな場合はFlexCircuitに繋いでいるAVカードを外し、オンボードビデオ(DRAM Video)を使う」と指示されています。しかし、それでもダメだった方もいらっしゃるようです。早くに8100/80を購入された方は、MAXpowr G3 PDSに関しては注意して使った方がよいです.....。


Newer製品に関しては、国内版はアークポイントメディアビジョンが販売元となっています。もちろん並行輸入品も各ショップに入っています。秋葉館マックアカデミーCOMTECHKitcut企画室ゆうなどの関連ショップをチェックしましょう。
上でも書きましたが、Web版 Mac買い物情報Outlet&JunkProcessorMania等を見ると秋葉原などでの販売情報が掴みやすいですよ。

Newer Tecnology
http://www.newertech.com/



さて、考察です。

NuBUS PowerMacの場合。これらを装着すると、単純に考えて、パフォーマンスは5〜6倍にはなると思います。

もちろん同じチップを用いたCPUカードをPCI Macに装着した場合よりは遅くなるでしょう。なぜなら、PCI PowerMacと違いNuBUS PowerMacの場合アクセラレータを装着してもLogicBoardのバスクロックは変わらないからです。例えば7100/66の場合は33MHz、8100/80の場合は40MHzということになります。このバスクロックが多少足を引っぱります。
ただし、G3チップとBackside Cacheの間にはバスクロックが直接影響するわけではありませんので、CPUのパフォーマンス自体は充分稼げると思います。CPUに大きく負担を掛けるような作業では、恩恵を大きく感じるはずです。

本当に足を引っ張るのはVideoとDiskです。この2点は、CPUのパワーアップほどパフォーマンスは上がりません。元々の性能が変わらない以上、いくら入出力などが速くなっても如何ともし難いわけです。ですから、読み書きを頻繁にするような作業や、画面を頻繁に書き換えるような作業をすると、「大して速くなっていないな」と感じられることでしょう...。
しかし、大して速くなっていないということは、多少は速くなっているというわけで、このへんとCPUのパフォーマンスアップを秤に掛けて、投資額に見合うと判断した場合に「買い」ということになるでしょう。

というわけで、私の考えとしては、このG3カードが向いている人は、

...が考えられると思います。

最初のタイプの人は、AVカードを併用しようとするとNuBUSスロットが無駄に消費されること、現在使っているカードがMAXpowr G3 PDSと互換性があるかどうか、良く検討することが必要でしょうね。

2番目と3番目のタイプの人が、実は最も慎重に判断すべきでしょう。MAXpowr G3 PDSを導入したとしても、最新のPowerMac G3に近づくことは出来ても決して同じになることはないのです。そして、最も廉価なPowerMac G3 DT/233が20万円を切るような価格であることを忘れてはなりません。
VideoとDiskの差は如何ともし難いです。また、最大搭載メモリーも劣りますし、大容量になればなるほど72pin SIMMの方が逆に高価になってしまいます。もしVideoやDiskやメモリーに不満が出てきて、さらにこれらを交換するようなことになってくると......最初からPowerMac G3を買った方が良いのは当然です。VideoやDiskを含め全ての点で性能は高いし、NuBUS PowerMacに投資するよりもはるかに将来性もあります。中途半端な出費で中途半端な性能にして中途半端にマシンを生きながらえさせるより、もうちょっと出費をするだけで現状最高水準の性能でずっと先まで使えるマシンが買えるわけですから、良く考えて決めましょう。

最後のタイプの人は.....これはもう「趣味」の範囲に入ってきますから何も申しません(^^;。
6100のような薄型筐体が気に入って使っている方の中には、Appleで現在このような薄型の機種を作っていない以上、これをパワーアップして使いつづけることを選択する方もいらっしゃると思います。
同様に、7100/8100を気に入って使い続けている人も多いでしょう。
また、7100のボードをIIciやQuadra700に押し込んでいる方もいらっしゃいますよね。そういう改造をしている方には更なるパワーアップの道が開けたわけで...........以下省略(笑)。




各ベンダーに関する連絡先等の詳細は、「記事関連ベンダー詳細」のページをご覧ください。


表紙