【8100ページ表紙へ】【戻る】

純正13'モニタの調整法

純正13'モニター(M1297)の調整部分の説明をここでは行います。

まず後部の調整部分を調整し、どうしても調整しきれない場合にのみ内部調整を行いましょう。ちなみに垂直水平方向の表示幅および表示位置、フォーカス、同期などは分解しなくてもここで調整できます。


モニタ内部には高電圧の掛かっている部分があり場合によっては危険を伴います。破損させたり事故を起こしたりしても当方は一切関知いたしません。各自の責任の元に行ってください。(もう一度最初のページの警告文を読んでみてください。)

また、ここで紹介するのは、Appleの正式な資料に基づく調整法ではなくあくまで私が試行錯誤して調べたものです。確実に行いたい方は資料を調べて正確に行ってください。私はあくまで情報を提供するのみであり、全てはyour own riskです。問題が起こってもAppleにも私にも文句を言わないように...。



調整のためのモニターの分解

まずはモニターを分解します。
モニター後部のネジを4つ外し、後部カバーを外します。

次に以下の5つのネジを外します。

そして、図のケーブルをガイドから外します。

と、上面と側面のシールドがL字型に外れます。これで本体後部右側にある基板の上の半固定抵抗を調整できるようになります。


内部の調整部分の図示

メイン基板を内側から見て、調整用半固定抵抗の位置を示したのが下図です。

後部の金属板シールド(簡単に外れます)を外してサブの基板を示します。

上図左端の部分の拡大です。ここは本来の調整部分(本体後部の小さいフタを外すと現れる調整部分)です。SCREENツマミだけは外からは見えずケースを開けないと触れないものです。


実際の調整

以下の部分を調整してください。これら以外の部分は触らない方が良いでしょう。なお、全ての場合について、「現在の半固定抵抗の設定(ボリューム位置)」をチェックしてから調整に入ってください。(調整に失敗しても最悪元の13'モードに戻せるように、です)



戻る 表紙