【8100ページ表紙へ】【次頁へ】

8100/80の分解法

ここでは、8100/80をいじる上での基本である、ロジックボードを外す手順について説明します。8100は601PDSカード(VCもしくはAVカード)を外すだけでまっ平らなロジックボード一枚のみになりますので、Quadra840AVや8500より分解はむしろ簡単かもしれません。
(とは言え、これらもコネクターの取り外し作業が多い少ないの違いだけで基本的には同じですが)

ここから先は危険な作業が伴います。各自の責任の元に行ってください。
   もう一度最初のページの警告文を読んでみてください。


まずは準備について...

8100を分解するだけなら、特殊な工具は必要ありません。最後にロジックボードを外す際にプラスのドライバーが必要になるくらいです。(もっとも、最初にケースを外す際にネジが手でまわらないときにマイナスドライバーもしくはコインが必要になるかも知れません)
それよりも、作業の安全性を考えた準備をした方がよいでしょう。帯電防止リストバンドはマシンと作業者とを同電位にして静電気による事故を防ぎますので、あると便利です。また外したパーツの置き場所のために帯電防止袋や導電スポンジマットがあれば用意します。(どうしてもこれらが用意できなければ最悪アルミ箔でも可です。)
これらの準備は分解だけでなくその他の各作業にも共通して必要になります。用意しておくのもよいでしょう。

さて、次のページ以後に画像付きで分解方法を説明してありますが、最近 MACLIFE に掲載された「よみがえれオールドMacレストア大作戦」という記事の中に、ミニタワー型Macintoshの分解方法が説明されています。さすが雑誌、私の用意した画像なんかより非常に美しい写真であります(苦笑)。 MACLIFE 1997 4月号 をお持ちの方は、併せてご覧頂くと良いでしょう。お持ちでない方も、Macいじり大好き派には為になりますので、入手しましょう(笑)。

では、作業の説明へどうぞ。


次頁 表紙