【8100ページ表紙へ】

CD-300iをCD-600i以降に交換する

8100/80ではCD-300i(倍速)が内蔵されています。しかも私のマシンはQuadra 840AVからのアップグレードでして、キャディー式のCD-300iなのです。これを、トレー式4倍速ドライブであるCD-600iに換装し、使い勝手の向上とパフォーマンスの向上を一挙に手に入れ、さらなる快適化を目指そう....ということで、作業を行いました。

(注:CD-600iは当時最高速の純正CD-ROMドライブでした。現在ではもっと速いドライブが出回っていますね。でも作業自体は全く同様ですのでそのまま置き換えて読んでください)


こんな程度の作業でもAppleの保証が切れるのには変わりありません。各自の責任の元に行ってください。
   もう一度最初のページの警告文を読んでみてください。


パーツの準備

作業的には、大したことはありません。FDHDの換装と同様、パーツを確保すれば出来たも同然でしょう。
用意するものは、CD-600iドライブだけです。単体で入手できると思います。もちろん外付け(CD-600e)を入手して分解してドライブのみ用いることも可能です(高くつきますけど)。
あと、私のように現在キャディ式ドライブが付いている場合には、トレイ式ドライブ用ベゼルも用意してください。
  トレイ式CD-ROMドライブ用ベゼル:922-0811
CD-ROMドライブ用キャディーは共通なので、現在使われているものを外して新しいCD-ROMドライブに移設して用いるのなら、新たに用意する必要はありません。


作業...

まず、8100の分解法(1)ケースの分解に従ってケースを外してください。
ケースを外したら、ドライブベイの最上段にあるCD-ROMドライブを確認します。
確認したら、ドライブ後部のSCSIケーブルおよび電源ケーブルを外します。キャリアーの中央部分を押し上げながらキャリアーごとちょっと手前に動かすと、外れます。
次に、外したCD-ROMドライブからキャリアーを外しCD-600iに移設します。そして、キャリアーごとCD-ROMドライブを元と同じように取り付けます。取り付けたら、SCSIケーブルと電源ケーブルを取り付けます。

最後に、(必要ならばケースに付いているキャディ式CD-ROMドライブ用ベゼルをトレイ式用のものに取り替え)ケースを取り付ければ完了。



...という、こちらも比較的簡単な作業でチューンアップは完了しました。

使用感ですが....やはり倍速に比べたら4倍速は速いですね。もっとも巷では4〜50倍速だ〜とか言っている時代ですので、たかが4倍速にしか過ぎない訳ですが....。
しかし、純正ドライブであるという点は大きなアドバンテージだと思います。ドライバーも純正でよいし、やっぱ面倒が無いのが一番です....。

補足:
ちなみに私が買ったCD-600iは\19,800(当時)でした。現在は、8倍速〜24倍速の純正ドライブも出回っています。こちらはもう少し高価なようですが、これに交換するのも手でしょう。ただし新しいドライブほど新しいドライバを必要とします。そのまま交換しても漢字Talk7.5などでは認識されないこともありますので、新しいドライバに入れ替えることもお忘れ無く。まあ、Mac OS 8.1とか8.5なら大丈夫でしょうけど...。



表紙