【8100ページ表紙へ】

フロッピードライブを交換しよう...


IIシリーズの頃からMacintoshをさわってきた人にとって、最近のマシンのフロッピードライブ(以下FDD) はちょっと許せないものがあるのではないでしょうか。新型FDHDは、自分で最後まで押し込まないとダメで、FDを押し込む度に指を喰われそうな気がするし、モーターの動作音はちゃちだし....。やっぱり、FDを挿し込んだら途中からは自動で引き込んでくれなければ、FDDは許せませんぜ。

ってなわけで、私の8100も新型FDHDが付いていたのですが、とっとと旧型FDHDに換えちゃいました。その詳細です。


こんな程度の作業でもAppleの保証が切れるのには変わりありません。各自の責任の元に行ってください。
   もう一度最初のページの警告文を読んでみてください。


パーツの準備

作業的には、大したことはありません。むしろ、この作業に於いては、旧型FDHDを確保する方が手間でしょう。
用意する旧型FDHD(SuperDrive)の型番は661-0474です。
旧型FDHDを入手するには以下の方法があります。どれでも結構です。
 ・新品を入手する。(秋葉原エレクトリックパーツなどの店から...)
 ・中古パーツ店で、中古の旧型FDHDを探す。
 ・LC,IIcx,IIsiなどのマシンを安く中古で買ってFDHDを取り外す。
ただし、古いマシンから外したものは、金属ケースを外さないといけない場合があります。

その他、フロントベゼルやFDHD用キャリアー(トレイ)も、新型用では寸法が違い流用できませんので、旧型FDHD用のものを別途入手しましょう。型番はそれぞれ以下の通りです。
  ベゼル   922-0849
  キャリアー 922-1807
あと、インチ規格のネジが要るかもしれません。HDD増設などにも使用しますので買っておくと良いかも。また、ホコリ対策のためにシールドを被せた方が良いでしょう。旧型FDHD用シールドの型番は922-0399です。
なお、パーツナンバーはパーツリストとしてまとめてありますのでご参照ください。


作業...

まず、予め旧型FDHDとキャリアーを組み付けておきます。

次に、8100の分解法(1)ケースの分解に従ってケースを外してください。
ケースを外したら、ドライブベイの2段目(CD-ROMドライブのすぐ下)にあるFDHDを確認します。
確認したら、ドライブ後部のケーブルを外します。そして、ドライブベイ下の中央部分を押し下げながらキャリアーごと新型FDHDを引っぱり出し、外します。
あとは、旧型FDHD+キャリアーを滑り込ませ、ケーブルを取り付け、キャリアーを一番奥まで(カチっというまで)押し込めばOKです。

最後に、ケースに付いている新型FDHD用ベゼルを旧型FDHD用のものに取り替え、ケースを取り付ければ完了。



...という、比較的簡単な作業でチューンアップ(と言えるのだろうか(笑))は完了しました。
いやあ、やっぱりFDDはこっちの方が私は好きですねぇ。

これでもう1年以上使っていますが、特に大きな支障も出ておりません。PowerMacに旧型FDHDを使うと読み込みが異常に遅くなる....などという話も聞いたことがありますが、うちでは気になるほどのことも無く使っています。もっとも、気になるほどFDを使っていないという話もありますが(笑)。(ほんと、最近はFDを使わなくなりましたよねぇ)

ちなみに、PCI PowerMac(8500/120)で同じ事をしましたら、イジェクトモーターが回りっぱなしになってしまい不能でした。この手はNUBUS PowerMac(6100,7100,8100)までだけに使える手のようですね。

※補足:『DOPING MAC「旧型マック」スーパー改良術!!!』(ぶんか社刊)に、FDDケーブルの9番pin lineをカットするとイジェクトモータの回りっぱなしを回避出来る旨の記事がありました。これはPCI PowerMacにも応用可能のようです。お試しください。但しご自分の責任で...。




表紙