【8100ページ表紙へ】【次項へ】

HDDを内蔵しよう...

8100筐体には最初からドライブベイが4つあります。一番上はCD-ROMドライブ、2段目はFDD、そして純正装着の内蔵HDDは4段目に取り付けられており、3段目は空いているのです。ここを使わない手はありませんよね。


こんな程度の作業でもAppleの保証が切れるのには変わりありません。各自の責任の元に行ってください。
   自信のない方はお店で増設して貰いましょう。


HDDの内蔵に際して、HDD以外に用意するものはHDD用キャディーと、取り付け用のネジ(インチ規格)くらいでしょう。で、その場に延びてきているSCSIケーブルと電源ケーブルを取り付ければ完了なのです....。

が、しかし、そのSCSIケーブルを辿って行ってみてください。CD-ROMドライブに繋がっているでしょう? 対して、下段の純正ドライブに繋がっているケーブルを辿ってみると....ちがう場所に繋がっているのがお分かりと思います。
そうなのです。8100のSCSIには2系統あるのはご存じかと思いますが、これらがその2つなのです。CD-ROMドライブに繋がっている方が、背面のSCSIコネクタとも繋がっていますので「外部SCSI」、純正HDDが繋がっている方が「内部SCSI」と呼ばれています。
で、問題は、内部SCSIの方が「速い」のです。もちろん8100設計時の能力が実現できておらず8500のように劇的に差が出ているわけでは無いのですが、分かる程度の差は出ます。だから、なるべく内部SCSIに増設したいわけです。

ところが、ここで困ったことが起こります。内蔵SCSIに使われている純正のSCSIケーブルではSCSIコネクタの位置がどうしても合わないのです。一番端に付いている2つのSCSIコネクタの間隔が狭すぎるのです。(どうやら最先端のコネクタはターミネーター装着を想定しているらしい...)
これを解決するには、純正ケーブルの途中部分にコネクターを増設してしまうか、新たにケーブルを自作して使用するかのどちらかです。私は純正ケーブルには手を付けず、SCSIフラットケーブルを自作しました。ロジックボード上の内部SCSIコネクターから純正のケーブルを外し、代わりに新しく用意したケーブルを取り付け、新増設のHDDを経由して既設の純正ドライブまで取り付けました。

SCSI用フラットケーブルで50pinコンパクトソケットが使われているものなら、AT互換機用であろうとMacintoshで使用できます。サンワサプライやエレコムなどのカタログに載っているようなものを購入して流用しても良いでしょう。私は自作しましたので安く済みました。

なお、このドライブベイにHDDを2段に重ねて増設する方法も行いましたので、興味を持たれた方は次項もご覧ください。



次項 表紙