【8100ページ表紙へ】【前項へ】

3.5inchベイへの二段スタックHDD増設...


Aphrodite Computer Systemさんより、ドライブベイに3.5inch HDDを二段スタックにして取り付けるホルダー一式を入手できました。これを用いて内蔵HDD3台体制という目論見であります...。


こんな程度の作業でもAppleの保証が切れるのには変わりありません。各自の責任の元に行ってください。
   自信のない方はお店で増設して貰いましょう。


この商品のようにHDDを二段スタックにして内蔵するための金具は各種発売されています。ファンを取り付けて冷却するようになっているものも見かけます。
Aphrodite Computer Systemさんの商品は、冷却ファンなどは付いておりません。極めてシンプルです。外観は以下の通りです。



 

アルミニウム素材で、黒くアルマイト処理されています。ホルダー自体が冷却フィンの様な形をしており、HDDに取り付けられる面に熱伝導シートを張り、ホルダー自体を放熱板として利用しようというものです。ファンなどを使っていないので静かに済みますよね。ただ、やはり冷却には限界があると思うので、UltraSCSIとかの7000rpm以上で回るHDD等には向かないでしょう。しかし、発熱が低いHDDなら充分役に立ちそうです。

さて今回、予定していたHDDは間に合わなかったので、手持ちのHDDの、Apple純正Quantum FBTM1280sとFujitsuの1GB(CONIGLIOの外付けから取り出したもの)を入れてみました。

パーツを並べると左図のようになります。奥左がFBTM1280s、右がFujitsuです。右手前のキャリアーは通常HDDを取り付ける際には必要ですが、今回は使いません。




組み立てにはほとんど難しい点はありません。HDDのネジに相当する位置に既に穴が開けてありますので、位置を合わせてネジで固定するだけです。このように組み上がりました。



あとはドライブベイに組み上がったHDDを挿入します。このブラケットはキャリアーで取り付ける際のようにとくにHDDを固定する様にはなっていませんが、ケースを取り付けてしまえばベゼルに押さえられる格好になりますので心配しなくても大丈夫でしょう。



後はSCSIケーブルと電源コネクタをそれぞれのHDDに取り付ければ完了です。各HDDのSCSI IDの設定、それに最後端のHDDのターミネータの設定をお忘れ無く。

なお、8500の場合は内部SCSIケーブルの端のちょうど良い位置にコネクターが2つありますのでそのまま使えるのですが、8100の場合は良い位置にコネクターがありません。また、どうせなら8100でも内部SCSIに接続したいですよね。この場合にはAT互換機用のケーブルを流用するか、自作するかしてください。(内部SCSIバスへのHDDの増設のページもご覧ください)



これをご覧の方でこのホルダーに興味をお持ちの方は直接こちらを見に行ってみてください。



前項 表紙