【8100ページ表紙へ】 【次頁へ】

8100/80のL2キャッシュの大容量化


ここでは、PowerMacのL2キャッシュを大容量のものに交換する手順について 書きます。
Power Macintosh 8100/80には、標準で256KBのL2 Cacheが付いています。 が、巷では更に大容量な512KB,1MBのキャッシュメモリが販売されています。 今回、米国のThe L2 Companyという会社でL2キャッシュがリーズナブルな価 格で販売されていることを知りました。で、そこの1MBのキャッシュメモリを 購入し私の8100/80に取り付けてみました。


取り付け法...


8100/80を通常の方法で分解し、ロジック ボードを取り外します。

8100/80のロジックボードです。(画像が歪んでいるのはお許しを...)

このロジックボードを模式図で表すと以下のようになります。

ヒートシンクに覆われたPowerPC601の 横(図では下側)に二つのスロットがあります。CPUに遠い方がROM SIMMスロットであり、 近い方が目的のL2キャッシュスロットであります。場所を確かめれば分かるとは思いますが、参考までに、L2 Cache SIMMとROM SIMMの形状を下に示します。



このような形態をしている方が256K L2 キャッシュです。
拡大図はこちら




一方、こちらはROM SIMMです。

それでは、もともと取り付けられている256KB純正L2キャッシュを取り外します。
このキャッシュはSIMMのようにクリップで固定されているわけではなく、真っ直ぐ にしっかり押し込めば固定し、引き抜けば外れるというものです。
ところがこれが非常に固いのです。しかも、上記のような構造なので、左右に揺すること もできず、ただひたすらまっすぐ引き抜くしかありません。その上、キャッシュ自体に爪などを引っかける場所もなく、親指と人指し指で端をむんずと掴むしか方法がないのです.....。
というわけで、力の入れすぎで他を壊さないように注意しましょう。利き手の親指と人差し指でキャッシュの端を縦に掴み、反対の手の指でスロットの縁を押さえ、ゆっくり縦に揺するようにして引くと外れてくるはずです。指が痛くなりますが頑 張ってください。
なお、外れないからといって、決してラジオペンチなどの工具を用いてキャッ シュを挟んで引っ張ってはいけません。キャッシュはいとも簡単に破損してし まいます....。
外したキャッシュは静電気防止袋などに保管しましょう。

次に、新しい1MB のキャッシュを装着します。もう一度256Kの純正キャッシュの詳細図を見ましょう(こちらです)。キャッシュSIMMの端子部分に切り欠きがありますが、
この切り欠きに注目します。端からの長さが違いますよね。これでキャッシュSIMMの装着方向が決まります。純正256Kの装着方向と新しい1MBの装着方向を合わせてください。
スロットの溝とSIMMの方向が合わせられたら、キャッシュSIMMをスロットに合わせ、
まっすぐに押し込みます。ざくっとSIMMはスロットに入っていくと思います。しっかり押し込んだら、軽く左右に揺すり、そして再度ぐっと押してください。ここでしっかり装着されていないと後でトラブルになります。(私も最初の装着の際にキャッシュが認識されなくて焦りました)
確実に装着されたら、マシンを元に戻して完了です。



次頁 表紙