【8100ページ表紙へ】 【前頁へ】

MacBench 3.0でのベンチ結果その他...


さて、交換してみての使用感ですが、確実に速くなっています。ただ、8100の場合
は元々256KBのキャッシュが付いているので、比較としてはそれほど劇的ではないで
すけど。
ちなみにMacBench 3.0での計測は以下の通りです。MacBenchはキャッシュの影響を
結構受けるそうなので、指標になるでしょう。(カッコ内の数値はキャッシュ無し
を100としたときの割合)



(共通スペック....8100/80AV/56MB,System7.5.3 only,VirtualMemory off
Disk Testに使用したHDDはQuantum LIGHTNING 365S)


まあ、こんなもんでしょうか。純正の256KBがけっこう健闘していますね。とい
うか、キャッシュの容量とパフォーマンスアップの割合が必ずしも比例するわけで
はない、と言った方が正解でしょう。
キャッシュの有無での使用感の変化を自分なりにまとめてみました。
 ・キャッシュ無し→256KB装着・・・きびきび感が増して使いやすくなった
 ・キャッシュ無し→1MB装着・・・・劇的に速くなった感じ。作業によっては
                  5割アップくらいに感じた
 ・256KB→1MBに交換.・・・・・・1割程度のアップ感か...。より速く感じる
                  アプリとあまり変わらなく感じるアプリ
                  がある
...と、こんな感じかな。

で、結論ですが.........
ここを6100オーナーが見ているかどうか分かりませんが.....、6100を現在キャッシュ無しで使っている方は、とにかくL2キャッシュを導入してみることが、パフォーマンスアップの一つの有効な手段でしょう。その際、もちろん256KBの導入でもかなりの効果があると思います。(うちの6100も8100から外した256kbを取り付けたら非常に快適になりました!) でも、思い切って1MBを買ってみるのも良いのではないでしょうか。

ところで、それでは既に256KBのキャッシュが付いているマシン(7100,8100)で、
果たして256KBを捨てて1MBに交換する価値があるかというと....。
これは難しいですね。個人によって評価が異なるかもしれませんから。人によって
は金額に見合うパフォーマンスが得られなかったと思うでしょう。
ちなみに私自身は結構満足しています。

さて、初代PowerMac用のL2キャッシュの装着報告、いかがでしたでしょうか。
ちなみに、私が購入したThe L2 Companyの他にも、クロックアップキットで有名な
DVC HARDWAREでもNuBUS PowerMac用L2キャッシュを安く売っています。気になる
方は各社のホームページを見に行ってみてください。

P.S.最近は国内の販売店でも比較的安価に初代PowerMac用のCacheを入手できるようになりましたね。MACLIFEやMacFanの広告をこまめにチェックしてみてください。例えば秋葉館などはよくNuBUS PowerMac用L2キャッシュを広告に載せていますよ...。


前頁 表紙