【8100ページ表紙へ】

NuBUSカードの取り付けに関する補足


ここでは、8100筐体でのNuBUSカードの取り付けに関する補足を書きます。

8100の分解法 の項でも説明していますが、 NuBUSカードの取り付け(取り外し)だけを行うにも、8100筐体ではケースを外すことが必要です。しかもそのケースの外し方が他の筐体のモデルに比して面倒です...。
たったNuBUSカード一つを増設するだけではありますが、もし自信のない方は、カードを購入する際にショップで同時に取り付けて貰った方がよいでしょう。

逆に、分解に慣れた方にとっては、NuBUSカードの取り付けはケースを外すだけのことですから、楽に感じることでしょう。

では、手順を簡単に...。


まず、8100の分解法(1)ケースの分解に従ってケースを外してください。
その際、電源は切っておきます。電源ケーブルは外さなくても良いです。(静電気対策のためにもむしろ外さない方が良い)

ケースを外したら、8100の正面から向かって左側を手前に向けます。フロントパネルが右側、リアパネルが左側に位置します。この状態で下からのぞき込めばNuBUSスロットが見えるはずです。

ここで装着するスロットのカバーを外しておきます。全長が長いカードの場合は、「拡張カードクリップ」も外しておきます。短いカードでそこまで届かない長さなら、このクリップは外す必要はありません。

で、カードを装着するわけですが、まず8100の電源ユニットの金属部分に手を触れ静電気を逃がします。
カードの端を持って装着位置にもっていきスロットのコネクタ部分の位置合わせをします。そして、まっすぐに押し込みます。

奥まで挿入できたら、背面パネル裏側とボードの金具がかちっと音がしてかみ合い(下図の部分)、 カードは固定されます。

上手く取り付けられたかをどうか確かめるには、カード自体を軽く上下に揺すってみます。 上手く挿入されていればカードはしっかりと動かないはずです。もし緩いようでしたら装 着し直してください。

取り付けが終了したら、ケースを元通りに装着して完了です。



表紙