【8100ページ表紙へ】

メモリー取り付け(補足)


ここでは、8100筐体でのメモリーの取り付けに関する補足を書きます。

Quadra800に始まり今に続くこの8100筐体ですが、メモリー増設に関しては(PowerBookを除けば)史上最悪の筐体であります....(苦笑)。なにしろ、メモリーを増設するのにロジックボードを完全に外さなければならないからです。IIシリーズなどのメモリー増設を経験したことのある人から見れば、まさに悪夢の筐体です...。
ですから、自信のない人は手を出さないで、メモリーを購入する際にショップに増設を依頼しましょう。アップルはユーザー自身によるメモリーの増設を認めていません。筐体をユーザーが自分で開けた時点で保証が切れます。よって、メモリー増設の際に壊した場合、全てユーザーの責任となります。下手するともう一台を買った方が良いくらいの修理費を請求される羽目になります。(最初のページの警告文も参照してください)



8100の分解法 にしたがって、ロジックボードを取り外してください。

8100/80のロジックボードです。(画像が歪んでいるのはお許しを...)

このロジックボードを模式図で表すと以下のようになります。



上記模式図で示した右上の部分がSIMMスロットであります。ここにSIMMを装着するわけです。ちなみにSIMMとはSingle Inline Memory Moduleの略です。

PowerMacintosh 8100/80に使用できるSIMMの規格は以下の通りです。
      形式              72 pin SIMM
      アクセス速度      80ns以下
      容量              4MB 8MB 16MB 32MB   ※同容量2枚単位で増設のこと 

SIMMスロットは、上記図で左側から2つずつBank A, Bank B, Bank C, Bank Dとなっており、同容量のSIMMを各バンクに2枚単位で増設します。
具体的な増設の手順は割愛します。ここを読むような人ならSIMMの増設くらい朝飯前でしょうから :-)

くれぐれも静電気にはお気をつけください.....



表紙